学校に行きたくない気持ちを無視し続けて行き続けた結果【人に会いたいと思うことがなくなった】

私にとって学校に行き続ける、ということは「自分には価値がない」という体験を毎日毎日し続ける行為でした。

クラスでは常にぼっちだったので、「友達がいないかわいそうな人」という視線が痛かったです。

それでも毎日毎日、真面目に学校に行き続けました。

囚人が牢屋に入りたくない、とワガママを言っても通らないですよね?

それと同じレベルで「学校には行かなければならない」と感じていたのです。

そうやって自分の気持ちを無視し続けて学校に行き続けた結果、学校を卒業する頃には、人に会いたいという気持ちが一ミリも湧いてこなくなってしまいました。

できることなら、もう一生、人に会わないで生きていきたい。

それが、自分の気持ちを無視して真面目に学校に行き続けてしまった人間の正直な気持ちです。

学校に行き続けて得られたもの

私が学校に行き続けて得られたものは自己否定、無価値観、罪悪感、無力感、対人恐怖、絶望、などなど。

学校に行っててよかったと思うことが一つもないです。

もし学校に行かなければ、ここまでダメージが広がることはなかったと思います。

でも行き続けてしまった。

囚人に選択肢がないように、自分に選択肢があるとは思えなかったから。

だから無意味に行き続けてしまった。

そして、人に会いたいという気持ちを失っていきました。

自分の気持ちを無視してはいけなかった

本当は「学校に行きたくない」という自分の気持ちを無視してはいけなかったのです。

その気持ちを雑に扱ってはいけなかった。

学校に行く、行かないというのは、表面的な問題なので正直、どちらでもいいのです。

本当は行きたくない、死にたいと思っているのに、そうした気持ちにフタをして学校に行き続けてしまうこと。

これが一番良くないのです。

仮にそのやり方で最後まで学校に行き続けたとしても、その感情は消えることはありません。

問題を先送りにしただけで、さらに利子が大きくなってあとで支払うことになってしまうのです。

そして払えなければ自己破産(自殺)するしかなくなってくるのです。

学校に行くことよりも大切なこと

自分の気持ちを無視せずに、自分と向き合うことは、学校に行くことよりも大切なことなのです。

この世界で自分の気持ちがわかるのは自分だけなのです。

その自分が、自分の気持ちを雑に扱えば、誰もあなたを救うことはできません。

あなたを救えるのは、この世界であなたしかいないのです。

あなた以外、親も、他人も、誰もあなたを救うことはできません。

厳しい話なのですが、それがこの世界なのです。

自分の気持ちを無視して親とか他人、周りに認められようとしても、何も問題は解決していかないのです。

むしろもっとひどくなっていきます。

そうならないために、自分の感情を無視してはいけないのです。

自分の気持ちと向き合うことを、学校に行くことよりも大切にしなければいけないのです。

本当はこういうのは学校が教えてくれたらいいのですが、おそらく、今の学校でも教えてはくれないのでしょう。

だからこそ、自分で勉強していくのです。

自分で勉強する姿勢を身につけることができれば、学校にいく必要はなくなると思います。

そうです。
この心の姿勢を身につけることができれば学校にいく必要はなくなるのです。

逆に言えば、学校に行き続けても、この心の姿勢を身につけることができなければ、学校に行き続ける意味があまりないと思います。

学校を卒業して、勉強することまで卒業してしまうのなら、学校に行き続ける意味はないのです。

ということは、この心の姿勢を身につけることができるのなら、学校にいく必要はなくなるのだと私は思うのです。

自分の気持ちと向き合い、自分を知り、自分が学びたいことを自発的に勉強していく。

こういう能力は、単に「学校を卒業すればほとんど会わなくなるような浅い一時的な人間関係を上手くやっていく能力」よりも、はるかに重要なことです。

だからこそ、学校がこういうことを教えてくれないどころか、真逆のことをやっているのなら、自分で学んでいくしか方法がありません。

こういうことを自分でできるようになれば、思考停止して学校に行き続けるよりもはるかに成長できるようになるのだと思います。

タイトルとURLをコピーしました