真の社会不適合者

私は社会不適合者です。

一概に社会不適合者とはいっても、いろんなタイプがあると思います。

たとえば

自分はこうしたい、という強い思いがあって、それが社会全体の考え方と合わないために社会不適応を起こしている人。

こういう人は意志が強いのでしょう。

 

私はどちらかといえば、そういうタイプの人間ではなくて、自分はこうしたいという強い思いがなくて、社会に合わせようとしてしまう人間です。

こういうタイプの人間は基本的には社会に適応できてしまえるのです。

しかし私は、そういうタイプの人間であるにもかかわらず、社会に適応できませんでした(笑)

 

理由はいろいろあるのですが、話が長くなるのでまた次の機会に書きたいと思います。

真の社会不適合者

世の中には社会不適合者と自称していながら、普通に人と話せる偽物もいるみたいですね。

しかし私はそんな偽物の社会不適合者ではありません。

真の社会不適合者です。

もし社会不適合者選手権みたいなものがあったとしたら、ぶっちぎりでトップを取れる自信があります。

普通に考えると、これは弱み以外の何者にもならないと思うのですが、あいにく私の個性は、社会に適応していないこと以外見当たりません。

なのでここを強みとして前面に打ち出していこうと思います。

   

このブログは、社会不適合者が、社会に適応しようとするのではなく、社会に適応しないまま生きていこうとする(笑)ブログです。

たぶんこんな生き方は1000人中、999人が「間違っている!」などと言ってきそうな生き方ですが、

それでも私には、もうこういう生き方しかできないので、自分なりの価値観というのを少しづつ言語化していこうと思います。

タイトルとURLをコピーしました