ただ学校に行けばいいという話ではない【親の姿勢が重要】

ただ学校に行けばいいという話ではない

親は子供に学校に行ってほしいと思っています。

当然ですね。

子供の将来を心配してそう思っているような親もいれば、

親の体裁というか、子供が学校に行かなくなれば、親の教育が悪かったからではないかという風に周りから見られてしまうことを恐れて、子供に学校に行ってほしいと思っているような親もいるでしょう。

どちらにしても普通の親は子供に、「学校にはとりあえず行ってほしい」と思うものなのです。

しかし、無目的に学校に行って、卒業することだけを目指すことに意味があるのでしょうか。

学校にいくのが当たり前だから、普通だからという理由だけで、学校に行き続けることは、はたして正しいことなのでしょうか。

私にはそうは思えません。

私が学校に行かなければよかったと思う理由

私は学校にほぼ皆勤で行き続けてしまいました。
その結果、表面上はなんの問題もなく卒業したことになってはいます。

表面上は。

でも、私は学校に行き続けることによって人に会いたいという気持ちを無くしていったのです。

人と関わりたいという気持ちが無くなったのです。

この気持ちはおそらく一生、変わることはないと思います。

そうなってしまったのは、自分の心を無視して親や周りが言う、普通とか常識といったものに合わせてしまったからです。

その結果、表面上はなんの問題もなく卒業したとしても、内面に、精神に大きな問題を作ってしまったのです。

学校はそういう人間を作る場所ではないはずですよね。

なのに子供の気持ちを無視して学校に行かせ続けるということは、私のような人間を増やしてしまうことになるのではないでしょうか。

できることなら、「人と関わりたくない」と思ってしまうような人間を増やしていってしまうのではないでしょうか。

サラリーマン教師の授業を真面目に聞いてもサラリーマンにしかなれない

もちろん、学校に行くことによって、いろんなことを知っていくことは良いことです。

でもそれは今の時代、わざわざ学校に行かなければ学べないことなのでしょうか。

学校が生徒一人一人にあった教育をしてくれているわけではないでしょう?

いまだに、画一的な教育をしているだけなのでしょう?

だとしたなら、わざわざ行きたくもない学校に行って、サラリーマン教師の授業を真面目に聞くことにそこまでの価値があるとは思えないのです。

子供の興味・関心を大切にしない教育をしておいて、進路を決めろとかムチャぶりもいいとこです。

学校が会社に就職するためにあるのだとするなら、確かに学校というのは優秀な訓練所としては機能しているのでしょう。

やりたくないことでも我慢して耐え続ける、という精神は身につけることができるでしょう。

子供を生まれ持っての犯罪者として見ているのなら確かに、正しい教育法なのかもしれません。

しかし、本来であれば、子供のもともと持っている興味・関心を育てていくのが本当の教育の在り方だと思うのです。

そういう教育を全くしていないのに、学校に行かなければならない、という状況になっているのはおかしいと私は思います。

学校側はその教育が子供の将来を左右するという自覚があってやっているのでしょうか?

もし、そんな自覚がないままサラリーマンをやっているような気分でやっているのだとしたなら、そんな学校に行き続けることは弊害にしかならないでしょう。

親が勉強している姿勢を見せるのが一番良い教育法

学校に行き続けても、あるいは学校に行かなくても、結局、自分の人生の責任は自分が取らなくてはいけないのです。

私は学校に行き続けてしまったことを後悔していますが、逆に、学校に行かなかったことを後悔している人もいるのだと思います。

正解というのは人によって違うのです。

年齢が若ければ若いほど、正解というのはなかなか見えないものなのです。親ですら、わかっていない人が多いくらいなのですから。

その正解を見つける力を子供に持たせることが、学校に通わせる意味だと思うのです。

しかし、学校に行き続けてもその力を持てないような教育をしている上に、精神に支障をきたす場所になっているのだとしたなら、学校に行き続けるメリットがほとんどないわけです。

仮に、良い学校に行って、良い会社に入れたとしても、終身雇用が崩壊しているので、創造性がない人間はリストラされてしまうでしょう。

そう考えると、ただ学校に行けばいいという話ではないことは、容易に想像がつくと思います。

本当に子供のことを思うのなら、思考停止して子供を学校に行かせ続けるのではなく、親自身が勉強をし直して、学んでいる姿勢を子供に見せることが一番良い教育法なのだと思います。

そうすれば子供も、学校の勉強というよりは、自分が興味を持った対象を自発的に勉強していくようになるはずです。

それができるようになれば、学校に行くことはそれほど重要なことではなくなってくるのだと私は思うのです。

タイトルとURLをコピーしました