好きなことをして生きるためには努力は不可欠

「好きなことをして生きる」ことができるようになるためには、努力は不可欠です。

もしかしたら、「好きなことをして生きる」という言葉だけ聞くと、努力が不要だと思ってしまう人がいるかもしれないと感じたので、こういうタイトルをつけてみました。

好きなことをして生きるためには努力は不可欠

よく考えてみたら当たり前の話なのですが、「好きなことで生きている人」で努力していない人はいないわけです。

もし好きなことで生きている人で「自分は努力していない」と言っている人がいるとすれば、その人は「努力を努力と思わないレベルまで努力している」わけです(笑)

たとえば、50メートル走を6秒台で走れるような人は、(そこまで)努力しなくても7秒台で走れると思います。

しかし、8秒台でしか走れない人は、努力しなければ7秒台で走れるようにはならないのです。

「好きなことをして生きる」というのは言葉だけを聞くと甘いイメージを持ちがちになりますが、実際には努力が不可欠なのです。

嫌いことを努力するのはほどほどに

とはいえ、日々の生活で何らかの努力をしていない人はいないと思います。

学生であれば、学校に行って興味のない勉強をして努力しているでしょうし、大人であれば、会社に行って、やりたくもない仕事をすることに努力していると思います。

しかし、こういった努力をいくらたくさんしたところで「好きなことをして生きる」状態にはなれないのです。

なぜなら、こういう努力は自分が興味・関心がない分野だから。

「誰かに評価されるための努力」だからです。

こういう理由で努力している限り、「好きなことをして生きる」状態にはなれないのです。

誰かに評価されるための努力ではなく、自分が好きなものを努力していく

厳しい話ですが、「好きなことをして生きる」というのは言葉から伝わってくるイメージほど甘いものではありません。

そもそも最初に学校に行って、誤った教育を受けてしまっているので、好きなことが分からない状態が普通になってしまっているのです。

だから必要になってくるのが「勉強のやり直し」だと思います。

「誰かに評価される勉強」ではなく、「自分が興味・関心を持った、自分が評価する勉強」をしていく。

つまり、誰かに評価されるための努力ではなく、自分が好きなものを努力していく必要があるのです。

比喩的に言うなら、そうした自分の好きなことを50メートル走で6秒台で走れるレベルまで努力していく必要があるのです。

それができるようになった時に、はじめて、「好きなことで生きていける」ようになるのだと思います。

タイトルとURLをコピーしました