自由とわがままの違い【大人になるために】

自由とわがまま。

この2つは、なかなか違いがわかりにくいと思います。

なのでその違いについて考えてみました。

自由とわがままの違い

私が思うに、一番大きな違いは責任の比率の割合かな、と感じます。

  • 責任率100%→自由
  • 責任率70%→少し自由
  • 責任率30%→少しわがまま
  • 責任率0%→わがまま

もう少し詳しく書くと、

  • 責任率100%→自由→自分の言動に対して、全責任を負うことができる精神状態
  • 責任率70%→少し自由→自分の言動に対して、責任を負うことができるけど、少し相手のせいにしてしまう精神状態
  • 責任率30%→少しわがまま→自分の言動に対して、責任を負うことができないけど、少し自分のせいだと思える神状態
  • 責任率0%→わがまま→自分の言動に対して、責任を負うことができずに、全て周りのせいにする精神状態

という感じでしょうか。

簡単に言うと、
自分の行動に責任を取れるのが自由で、
自分の行動に責任を取れない、取ろうとしないのがわがまま、ということなのだと思います。

年齢が若いうちはわがままになりやすい

一般的には若い人の方がわがままになりやすいのです。

当たり前ですね。

若いうちは未熟な状態が普通なのです。

そこから責任率を上げていき、大人になっていくのです。

ただ、往々にして若い人は、自由とわがままを履き違えます。

若い人が欲しているのは「責任がない自由」だったりするからです。

責任がない自由はわがまま

前述したように、責任がない自由はただのわがままなのです。

これを体現している究極の例をあげるすると、それは赤ん坊だと思います。

赤ん坊というのはわがままです。

自分の言動に全く責任を負えません。

だから周り(親)に欲求を満たしてくれるように泣いて、わがままを言ってくるのです。

ただ、赤ん坊の場合は仕方ない上に、可愛げがあるので特に問題にはならないと思うのですが、もしこれが大人なら大きな問題です。

大人が責任率0%のわがままを言って問題にならないわけがありません。

大人のわがままは痛い

大人のわがままは痛い、というより恥ずかしいです。

「見た目は子供、頭脳は大人、その名は名探偵コナ●」の逆バージョンになってしまう、ということです。

そういう大人になりたいと思う人はいないはずですよね。

痛い大人にならないためには、自由を正しく扱えるようになる必要があるのです。

「大人になる」とは、わがままから自由への移行のこと

大人になるというのは、最初に書いたように、責任率のパーセンテージを上げていくことなのです。

言葉を変えて言うなら「自由の扱い方が上手くなること」だと思います。

わがままを言って、他人を害して無反省な人間にならないこと。
自分がやったことに対して、全責任を取れるようになること。

こうした自由の扱い方を学んでいくことが、大人になるために大切なことなのだと思います。

タイトルとURLをコピーしました