【本】愛とは、怖れを手ばなすこと【名言】

【本】愛とは、怖れを手ばなすこと【名言】

感情には二種類しかない、それは「愛」と「恐れ」である

怖れと愛を同時に経験することはできません。

どちらの感情を望むかは、つねに私たちが選ぶのです。

怖れではなく愛を選びつづけることで、人とのかかわりの性質や本質を変えることができるのです。

私たちはつねに、愛か怖れのどちらかを表現しています。

怖れの正体は救いを求める声であり、言いかえれば、愛を求める声です。

だとすれば、やすらぎを経験するために必要なのは、ものの見方や感じ方を決める権利は自分にあるのだと、自覚することだということになります。

怖れではなく愛を選びつづけることによって、私たちは自己変容を経験することができ、そうすると、自分にも他人にも自然に愛を注げるようになります。

「与えることは受け取ること」――これは愛の法則です。

この法則のもとでは、他者に愛を与えれば、自分が豊かになります。

何かを与えれば、同時に自分がそれを受け取ることになるのです。

愛されていない、ゆううつだ、空虚だ、という気持ちが内にあるとき、愛を与えてくれそうな誰かを探そうとしても、解決策にはなりません。

解決に導いてくれるのは、何の見返りも求めず、惜しみなく誰かを愛することです。

すると、その愛が同時に、私たち自身にも与えられるのです。

外の世界の誤った考え方は、まずほかの人から愛を与えてもらわなければ、自分の中に愛を感じることはできない、というものです。

愛の法則は、世間の法則とはちがいます。

あなた自身が愛そのものであり、したがって、人に愛を与えれば、自分が何者であるのかを自分に教えることになる――これが愛の法則です。

愛を差し出すことは、私自身が愛を受け取ることができる唯一の方法なのです。

怖れを感じるのか、それとも、他者に愛を差し出すことによって愛を感じるのか。

それを選ぶ権利は、つねに自分にあるのだと気づいたとき、私はもう、いかなる理由でも心を乱されることはありません。

一日のどんなときにも、怖れを感じそうになったら、私は怖れではなく愛を体験できるのだと、自分に言い聞かせましょう。

私は人生のほとんどを、まるでロボットのようにふるまい、ほかの人が言うこと、することに反応してきました。

でも今は、私が考えたように対応できることを知っています。

怖れではなく、愛をもって人やできごとを見るという決意の力によって、私は自分自身を解放します。

「自分が何を受け取るかで頭がいっぱいだと、怖れで身動きできなくなり、誰の役にも立てないけれど、ただ与えることで頭がいっぱいのときは、怖れを感じない」のだと学びました。

過去を手ばなし、今というときの中で、与える行為に全神経を集中することにより、私は怖れを忘れて、ちがう見方ができたのです。

どんな心の状態でいるかは、自分の責任です。

ロボットのようにふるまい、愛と怖れ、幸福と悲しみのどちらを体験するかの決定権を、他人にゆだねるのはやめましょう。

本書の大切なメッセージは、ものの見方を変えれば、今とは正反対の考え方ができるようになるということです。

恐れの窓ではなく、愛の窓から世界を見ることを選ぶのです。

誰かの力になることに意識を向けた瞬間、私たちは自分が病人だとか、苦しんでいるといった見方をやめ、「与えることは受け取ること」という言葉の意味を知るのです。

私は、私を傷つける思いと、私を助けてくれる思いの両方をもつことができます。

どちらの思いを心にもつかを、私はつねに選択しています。

なぜなら、ほかの誰も、私の代わりにこの選択をすることはできないからです。

私は愛に満ちた思い以外のすべてを手ばなすことを、選ぶことができます。

タイトルとURLをコピーしました