毒親は子供に八つ当たりしても罪悪感を抱かない

毒親は子供に八つ当たりをしてきます。

しかもそれを「悪いことをしている」と認識できていないのです。

「良いことをしている」「教育している」と心の中で思っていたりする。

そんな親としてはあり得ない生き物だからこそ「毒親」というキツイ言葉が使われているわけです。

毒親は子供に八つ当たりしても罪悪感を抱かない

立派な親

立派な親は、そもそも子供に八つ当たりをしません。

子供に愛や安心感を与えることができます。

もしかしたらこういう親は、数はそれほどいないのかもしれません。

普通の親

一番多いのはおそらく普通の親ですね。

普通の親は、何かイライラすることがあって子供に八つ当たりをしてしまったとしても、そのことを「悪いことをしてしまった」と反省することができます。

悪いことをしているという自覚があるので、後で子供に謝ったり、次からは気をつけようと思えるわけです。

これが普通の親、まともな親の考え方だと思います。

毒親

毒親の場合はここが違うのです。

毒親は子供に八つ当たりをしても、それを「悪いことをしている」と認識できていないのです。

子供にストレスをぶつける行為(八つ当たり)を「教育している」と正当化してしまう。

悪いことをしている自覚がないからこそ、「教育」という名の「八つ当たり」が日常になってしまうのです。

実際はただの「虐待」なのですが、毒親の脳内ではそれを「教育」だと都合よく変換できてしまえるのです。

本当は親になる資格が無い人間だからこそ「毒親」というキツイ言葉が生まれたのでしょう。

毒親は子供に罪悪感をなすりつける

普通の親であれば、子供に理不尽な怒りをぶつけたら罪悪感が湧いてくると思います。

ところが毒親の場合、これがありません。

子供に八つ当たりしても罪悪感が湧いてこないので、気軽に子供を叱ってストレス発散してくるのです。

子供は、なぜ怒られるのかよくわからないけど「とりあえず自分が悪いんだ」と思うようになっていきます。

そして親の機嫌が悪いのを、子供は自分のせいだと勘違いするようになっていくのです。

私はこれを「無罪の罪悪感」と呼んでいます。

本当は悪いことなんて何もしていないのに、ただ親の機嫌が悪いというだけで怒られて、それを自分のせいだと思うようになってしまうという無罪の罪悪感。

罪悪感という感情は本来であれば、理不尽な怒りをぶつけた親が抱くべきものです。

それを毒親は子供になすりつけてくるのです。

普通の親

子供に八つ当たりをしてしまう→罪悪感が湧く→次からは気をつけようと「反省」することができる

毒親

子供に八つ当たりする→罪悪感がわかない→スッキリする→日常的に子供に八つ当たりすることを「教育」していると正当化してしまう→子供の方が「自分がなにか悪いことをしたんだ」という無罪の罪悪感を抱くようになる

毒親は支配欲が強く、良心が欠如している

子供に怒りをぶつけて八つ当たりしたら、良心を持った普通の親であれば「まずいことをしてしまった」と思うはずです。

しかし毒親の場合、良心が欠如している上に支配欲が強いので、子供に怒りをぶつけて不安にさせてコントロールすることを「教育している」と正当化してしまうのです。

子供の意思には全く興味がなく、「自分が子供をどうしたいか」にしか興味がない。

毒親はそのために積極的に「不安」や「恐怖」を子供に与えてくるのです。

毒親からしてみれば子供に八つ当たりをするというのは、不安を与えて支配しやすくなる上にストレス解消にもなるという、まさに一石二鳥の行為になるわけです。

毒親から与えられた罪悪感を手放す

毒親に育てられた子供は、前述したような「無罪の罪悪感」を抱くようになってしまいます。

悪いことなんて何もしていないのに、親の機嫌が悪いのは全て自分のせいだと思うようになってしまう。

毒親は子供に罪悪感を持たせたいのです。

そうすれば親の言うことを素直に聞くようになると思っているから。

子供のためになることなんて、何も考えていない。

だからこそ、毒親から与えられた罪悪感を手放していく必要があるわけです。

その罪悪感は本来であれば毒親が感じるべきはずのもの。

そんなものを、いつまでも子供が引き受けてしまう必要なんてないのです。

自分を責めない

たとえ、今現在がどんな自分であったとしても「自分を責めない」こと。

今の自分を否定して、そこから何かを変えようとするのは間違っているのです。

ただでさえ、毒親から否定されまくって育ってきたのだから、せめて自分だけは自分の味方でいなければいけません。

でなければ、この世界に誰も味方がいなくなってしまう。

だから自分だけは、絶対に自分の味方でいてあげなければいけないのです。

今がどんな状態の自分であったとしても「そうなっているのはそれなりの理由があって、今はそれでもいいのだ」と自分に安心感を与えていきましょう。

親が与えてくれなかった安心感を、自分で自分に与えていくのです。

そういうことの積み重ねが、自分を愛することにつながっていくはずです。

タイトルとURLをコピーしました